ヘアスタイルを変更する時のポイント

この記事をシェアする

顔が長い人はヘアスタイルで隠す

横にボリュームを持たせる

頭にボリュームのあるヘアスタイルだと、さらに面長に見えてしまいます。
顔が長いことを、気にしている人もいるでしょう。
面長の人は、上よりも横にボリュームを持たせることを心がけてください。
ちょうど、頬のあたりにボリュームを持たせることで、顔の形がひし形になります。
すると縦と横のバランスが良くなるでしょう。

個性を発揮したい場合は、髪の毛をカールさせるのもおすすめです。
髪の毛の下あたりを巻くことで、縦に長いことを目立たなくさせることができます。
面長であることに、長年コンプレックスを抱いていた人もいるでしょう。
ヘアスタイルのことをきちんと勉強すれば、コンプレックスを解消できます。
焦ってヘアスタイルを決めないでください。

前髪をきちんと作ろう

額を見せる前髪では、さらに顔が長く見えます。
顔が大きく見えることもあるので、面長の人は前髪をしっかり作ってください。
額が見えないぐらい作りましょう。
ロングヘアーにする場合は、襟足の部分の髪の毛を少なくしてください。
すると、スッキリして見えますし小顔効果が生まれます。
前髪を作ると、全体的に重く見えることがあるので気をつけてください。

後ろの髪の毛を調整すれば、軽く見せることができるので大丈夫です。
襟足部分の髪の毛を少なくすることで、さらに顔のバランスが整います。
自分の個性も発揮できるでしょうから、ヘアスタイルで待ったらこのような髪形を依頼してください。
とりあえずこの髪形なら、似合わないという事態は避けられます。



PAGE
TOP