ヘアスタイルを変更する時のポイント

この記事をシェアする

自分で判断できない場合

顔の形を判断してもらおう

自分がどのような顔の形なのか、分かっていない人が多いです。
美容師に聞くと、確実な答えを聞くことができます。
専門的な知識を持っている美容師に任せた方が、良い結果になると思います。
自分に似合うヘアスタイルや、個性的なヘアスタイルを聞いてください。
美容師の選択方法も重要です。

経験が浅い美容師では、正しい判断ができない可能性があります。
自分が納得できないヘアスタイルにされるかもしれないので、ベテランの美容師を選択してください。
経験豊富な人だと、安心して任せることができます。
お店によって、美容師を自由に選択できるか変わります。
まずは美容室の決まりを確認したり、ベテランの美容師がいるか調べたりすることから開始しましょう。

服装も美容師に見てもらう

普段の服装に合わせてヘアスタイルを作ってもらいましょう。
するとどんな服装でも違和感を抱くことがありません。
服装とヘアスタイルが合っていないと、どちらかが浮いて見えることがあります。
悪目立ちをすることと、個性を発揮することはまったく異なります。
いつも着ている服を着て、美容室に行ってください。

すると美容師は、自分の雰囲気を掴んでくれます。
普段の服に合っていて、似合うヘアスタイルをすぐに判断してくれるでしょう。
近所の美容室に行く時は、いつも適当な服装で行っていた人も見られます。
ですがそれでは、本当に似合うヘアスタイルを作ってもらえません。
自分がどう見られたいのか考えて、それにふさわしい恰好で美容室に行きましょう。



PAGE
TOP